三重県 ダイビングショップ&ダイビングスクール

三重ダイビングショップ シーポイント

 0598-56-7737

〒515-0021 三重県松阪市中道町614-2

OPEN 12:00 - CLOSE 20:00 定休日:火曜・第3水曜

モルディブ 海外ダイビング

20周年✨モルディブツアー6日目 激レア遭遇と現地の島探索

更新日:

はーい!正美です。

ツアーが始まった時は、明日も明後日も、その次もそのまた次の日も潜れるー(*’▽`人)と、なんか永遠に続くかのように思えたこの日々。

楽しい時間はあっという間、いよいよ今回はダイビング最終日ブログです。😢

最終日、すっかり5時台に起きて早朝ダイブが習慣に。

今日の1本目はMiyaru Kandu(ミヤルカンドゥ)

とてもサメが多いとのこと。

今回のツアーはスタッフも全員行ってますので、大所帯に見えてダイビングのチームは最大ゲスト4人、ゲスト2人から4人に残り当店のスタッフ&現地スタッフが入れ替わりくっついてるというミニパーティ。

全員同じポイントには入っているので、それぞれがそれなりに会うのですが、このポイントでは、エントリーをずらしたこともあり、各チームが比較的別々に楽しむ形になりました。

今回もそれなりの流れと深度は深く、私達のチーム 通称チームヘルメットはアゲンストを気合いで泳ぎ、30mの水深の棚の先っちょで根待ちという なかなかハードなコースでした(笑)

深いので少ししか滞在はできませんでしたが、先からの景色はパラオのブルーコーナーに似てるな。という印象。

グルクンの中をギンガメの群れ、イソマグロ、カスミアジ、カッポレ、グレイリーフシャークがうろうろ。

マダラトビエイも登場。

最後、チャネルを流して、安全停止に入ろうかという時、うちのガイド ナフスが潮に逆らい猛ダッシュ。

私たちも後を追うと

な、なんと!!

カジキです!ブルーマーリンです!激レアです!

チーム名、ラッキーヘルメットに改名です!

うちのチームはとくさんの動画頼り、この写真は、あやや撮影。

 

そう!ラッキーチームは2組!

2チームが一緒に見たわけではなく、時間差で同じカジキ達に遭遇。

私達のチームは、見つけた3匹が去った後、また後ろからすぐ2匹が来るという状況で、興奮マックス!目の前のカジキをガン見!

とくさんのGOPROを現地ガイドが取り上げて(笑)めっちゃ近くで撮影してくれました。とくさんの動画楽しみです。

なんと あやや達は8匹にぐるぐる巻かれるという 激レア中の激レア体験。

写真はワイドレンズなので、遠く見えますが、下手したら触れそうなところに来たそうです。

周りを回られて、刺されるんやないかとビビッてしもたと あやや談 すごすぎ。

以下 カジキです。

モルディブ カジキ

ここから さばちゃん撮影カジキ

3枚目、背びれもばっちり開いてます。

カジキは、ほんまなかなか見えない上に、さらに背びれ開きはマジで激激激レア!そのうえ8匹って!

全部のチームみんなで見たかったけど、毎日パラオやモルディブに潜る現地スタッフでもそうそう見えない生き物なので。。。いやーこればかっかりは運です。

今回、かなりの運を使っちゃった人達は、あやや達のチームとラッキーヘルメットチームでした。ヘルメットチームの写真無し(笑)

 

そんな早朝ダイブから戻り、恒例 今日のプレゼントは

Tシャツ!

あややの妹デザイン 20thモルディブツアー限定Tシャツです(((o ・`∀・´)ノ

20周年Tシャツをお買い上げいただいた時のデータから、みなさまのサイズを算出!

毎日プレゼントを置いていくうちに

ゲスト:「明日はダイコンがいいなー」「わかった!明日はウエットやろ!☆⌒d(´∀`)」とか、

スタッフ:「いやいや明日もあると思うな。」「そんな大きいもの持ってこれるか!Σ(||゚Д゚)」など、毎日毎日 ゲストとスタッフの間で攻防が繰り広げられていました。

そんな攻防を繰り返しながら(笑) 毎日笑って置き続けたプレゼント🎁。みんな喜んでくれてすごく嬉しかったです。

 

2本目はVillivaru Gili(ヴィルバルギリ)

今回のモルディブ、基本 潮があり深い。と言う攻めのダイビングが多かったのですが、ここはまったり

ブラックピラミッドバタフライフィッシュやマダガスカルバタフライフィッシュ、スポテッドバタフライフィッシュ、インドスダレ、インディアンバナーフィッシュなど固有種もしっかり観察。

美味しいお昼を頂いて

3本目はKuda Giri Wreck(クダギリレック)

沈船ポイントです。

 

ここもカラフルな熱帯魚が船の上やリーフに群れ、固有種も豊富。

のんびり魚達を撮影したり、沈船探索する人も

それぞれのチームがのんびり楽しみました。

楽しい時間は過ぎて、とうとうこれで終了。

みんなお疲れ様でした!棚側の人達は後から隙間に混ざったので、ギューギューしてますが(笑)

いよいよ船は帰港にむけて、マーレーに戻ります。

環礁、環礁で船から眺めた、水上コテージの景色達も見納め

・・・と しんみりする間もなく、

 

今日は途中の島に遊びに行きますYO!

港に着く船乗りのような私達。乗船時以来のサンダルを履いて(船もビーチディナーも昨日の砂の浮島?も全部裸足)地面を踏みます。

すごくキレイなところ💛

島中サンゴの砂の道。

あれ?なんかスタッフばかりの写真に。みんなはお土産吟味中。上の写真は実はメンディも写ってます(笑)

お土産を買ったり ぶらぶらしたり束の間の陸地散歩。

 

絶対こういう事する人いるよね。

あ。。。位置が気に入らなかったみたい。(笑)

手前に来ました。うん。どっちもどっちかな。。。(笑)

モルディブピローを買ってご満悦の面々。

陽が落ちていきます。さぁ海上のおうち、カリーナ号に帰りますよ。

最後のディナーです。

つづく

 

-モルディブ, 海外ダイビング

Copyright© 三重ダイビングショップ シーポイント , 2019 All Rights Reserved.